コミュニケーションモジュール:V2X

これらのモジュールは、さまざまな電気通信技術を単一のユニットに統合し、車内での内部通信・外部通信を可能にしています。

V2X – コネクテッドされた車両技術

コネクテッドされた車 – 車両からあらゆるものへ

IEEE 802.11p とは、インテリジェント トランスポーテーション システム(高度道路交通システム)(ITS)アプリケーションをサポートするために必要な、「車両から車両へ」および「車両からインフラストラクチャーへ」の通信用、IEEE 802.11 規格を強化するものです。

Ficosa International 社の先進の通信ビジネス部門は、フラクタル技術に基づいたアンテナを内蔵するV2Xシステムを開発しています。V2Xモジュールは、V2X通信、CANバス、WiFi、測位システムなどのさまざまな電気通信技術を一つのユニットに統合することで、車内での内部通信・外部通信を可能にしています。

ボックスには、最小限のHMIインターフェースが含まれています。LEDバーとスピーカーが、迫りくる危険をドライバーに警告します。

Ficosa Retrofit V2X ユニット(FITAX)は、「車両から車両へ」および「車両からインフラストラクチャーへ」の通信、WiFi、および位置情報サービスへのサポートを可能にする、コンパクトでコスト効率の高い設計となっています。

さらに、タブレットやスマートフォン上のAPPに接続する WiFi によって、FITAX はカスタムの ヒューマン-マシン インターフェースで拡張することができます。

サポートサービス

初日から使えるアプリケーションは、望まれるユーザーインターフェースに合わせてカスタマイズ済みです。
EEBL – 緊急時の電子ブレーキ灯。
RWW – 道路工事の警告。
AEV – 緊急車両の接近。
SVA – 前方静止車両機能。
ソフトウェアの更新。
カスタムサービス。

特徴

FITAX0(基本)。
推測航法用慣性センサー付き GNSS 受信機、および正確な測位サービスの取得
CAN 2.0b & ホイール パルス インターフェース。
暗号エンジンが含まれています。
V2X、GNSS、および WiFi 内蔵アンテナ。
費用効果に優れたコンパクトな設計。
改造車両にも簡単に設置できます。
自動車向けに認定を受けています。
LED バーとスピーカー内蔵。
FITAX1(リアアンテナ付き)。
FITAX0 と同じ、かつ補償されたリアアンテナ付き。

Compartir en FacebookCompartir en Google+Tweet en TwitterCompartir en LinkedInEnviar esta página por correo