フロントガラスとヘッドランプウォッシャー

ウィンドスクリーンとヘッドライト ウォッシャー システム

フロントガラスやヘッドランプウォッシャー装置は、液体タンク、推進ポンプ、キャップ、デポジット流量計、導管、バルブ、タップとノズルで構成されています。

この機器は、当時はまだ手動であった1965年以来、すべて Ficosa によって開発され、製造されています。今日では、推進ポンプが機械の基本的な部分となる電気系統へと変化を遂げています。もう一つの基本的な部分はデポジットの部分で、機器のコンポーネントの残りの部分と同じ方法で当社施設で管理・生産されています。

コンポーネントまたはセットされた完全なシステムとして利用可能な当社の洗浄システムは、自動車メーカーの要件と据付条件に適ったものです。

ジェットノズル

低流量ヘッドライトウォッシャーシステム – フロントガラス用伸縮式ノズル
Ficosa が開発したHLC低流量ヘッドライトウォッシャー伸縮式ノズルは、市場最小です。ウォッシャーポンプが強化され、フロントガラス ウォッシャーで使用されているのと同じチューブとカップリングヘッドライトを採択しており、ウォッシングパフォーマンスが高度になっています。

スタンバイモードでは、ディスペンサーはバンパーに隠されており、外見的にも、また外部に突起のない侵襲的でない状態であることから、歩行者にぶつかった場合の安全規制の点でも改善されています。

ウインドウ ウォッシャー伸縮式ノズルの特徴は、ガラスへの液体の吹き付けがされているため、フロントガラスやリア ウインドウのクリーニングに使用する際に確実に最適なものとなっています。これは、ガラスの角度が床の水平軸に垂直である場合にも液体を散布することができるため、リア ウインドウに理想的なソリューションです。また、ボディから引き込み可能であることから、伸縮機能だけでなく、外見的なクオリティが加わっています。

Compartir en FacebookCompartir en Google+Tweet en TwitterCompartir en LinkedInEnviar esta página por correo