ギヤボックスアクチュエータおよびECU

シフト・バイ・ワイヤ システムは、小型でコンパクトな電気機械装置を使用して所定の速度で走行し、ドライバーがギアを選択するときにその速度を強制するものです。

ギヤボックスアクチュエータおよびECU

シフト・バイ・ワイヤ システムは、小型でコンパクトな電気機械装置を使用してギヤボックスの軸を要求されている速度とギアチェンジで動かします。

装置が正しく機能するようにするためには、標準的な電子制御アーキテクチャのハードウェア・ソフトウェアが必要で、ISO 26262 の機能安全に関する最新の指令に従い Ficosa によって検査を受けていなければなりません。

Ficosa は、ティア 1 サプライヤーとして、従来の推進力車両からハイブリッドや電動カーまで、自動シーケンシャル トランスミッションやダブル クラッチ アプリケーション用の非接触型センサー、パワー エレクトロニクス、放熱要素を含むアクチュエータや統合制御ソフトウェアを開発・製造しています。

ロボタイズドトランスミッション用電子制御ユニット

– ICC3 AUTOSAR SW 組み込み
– ISO 26262 準拠
– ASIL C 安全 ISO 26262

ユニバーサル ギヤボックス アクチュエータ

– ロボタイズド AT / TCT / DCT / DSG ギヤボックス、侵入削減安全システム
– 全シフトを、ワイヤシステムのアプローチで(SbWシフター+ ECU + GBA)
– ドライバーとギヤボックスとの間に機械的なリンクなし(したがって、NVHトランスミッションがなく、すべての条件で同じHMIの力が、自由に)
– 従来の Bowden ATX システムと比較して、重量が -30%減

Compartir en FacebookCompartir en Google+Tweet en TwitterCompartir en LinkedInEnviar esta página por correo